,"site":331247,"spot":986373,"type":1,"oriented":1};

mainte_man’s diary

『行き当たりばったりな生き方』を楽しむ。

北海道ソロツーリングの旅 その⑬

 

6月29日(土)

朝から曇りにしては気温が高い。梅雨の湿度を感じる。Kくんも散歩休憩が長い。f:id:mainte_man:20190629160040j:image

港の奥で何やら動きが、、、❗行ってみる。


f:id:mainte_man:20190629160402j:image

知り合いの釣り船の船長さんでした。今日は船のメンテナンスとの事で、船底のお手入れ。スクリューはこびりついた汚れを落として磨くだけで2ノットは違うとか。

1ノットは時速約1.8キロなので4キロ弱のスピードで1航海の燃費が大きく違うらしい。


f:id:mainte_man:20190629160921j:image

f:id:mainte_man:20190629161008j:image

f:id:mainte_man:20190629161031j:image

こういう磨き系、大好物❗

 

時間があれば、飛び入り参入せていただきたかったのですが、、、。


f:id:mainte_man:20190629161211j:image

彼が鳴いて催促(汗)

ハイハイ、船長さんに挨拶して帰りましょうか。

 

 

 

、、、続き。

 

5月27日(月)『稚内森林公園キャンプ場』

辺りが白けて来ました。おそらく日常生活での仕事の疲れよりも間違いなく疲れているであろう肉体でも、バッチリと覚醒します、いや強制的にさせられています❗、、、疲れの質も違いがあるのでしょうか❓またしても4時前に起床❗大丈夫か?自分の身体(笑)

f:id:mainte_man:20190628221021j:image
f:id:mainte_man:20190628221053j:image

相変わらず朝日が綺麗。

f:id:mainte_man:20190628221210j:image
f:id:mainte_man:20190628221250j:image
f:id:mainte_man:20190628221359j:image

セイコマで手にいれた、北海道の銘水でゆっくりとコーヒー入れて、気合いも入れます。

もう慣れた手つきで、テントを収納して駐車場で出発準備をしていると、お隣に停めてあった150cc スクーターの初老のオーナーさんがやって来て、暫し談笑。何でも、リタイヤしてから1ヶ月かけて北海道を回られているとか。急ぐ旅でも無いので、気に入ったここでもう一泊されるらしく、いつかそんな旅も良いな~なんて思う。

f:id:mainte_man:20190628221447j:image

キャンプ場を後にして、稚内駅へ降りる。
f:id:mainte_man:20190628221512j:image

これが見たかった、『日本最北端の駅』。
f:id:mainte_man:20190628221606j:image

そして、今回の最大のミッション『日本最北端』の地に到着。

思ったほどの感動は無かったのは、平坦な道の途中に普通にあったから?

とは言え❗来たぞ~(笑)
f:id:mainte_man:20190628221714j:image

f:id:mainte_man:20190628221741j:image

15度寒い❗

九州仕様の冬ツーリングに匹敵する万全の装備なのに寒い❗

なのに、売店のスタッフさんと来たら半袖なんだもの~(笑)

聞いたら、『いつもの5月よりは涼しい』だと、おいおい(笑)

 

そこに会社のメンバーからLINEが入る。

『大丈夫ですか、心配してました~。ニュースで北海道が観測史上の気温38度超えって流れてますが、熱中症に気をつけて下さいね~。お土産待ってまーす(笑)。』、、、。

えっ?そうなの?ここで初めて知りました(笑)

いやいや、今寒くて震えていますが?どうやら帯広の辺りがそうらしい。LINEの返事はこう返しました『只今、宗谷岬❗気温15度でガクブルですが、どこかの国の北海道と言う所が高温なのですかね?(笑) 』

 

さあ、ここに長居しては風邪引きそうですので、折り返して南下していきます。
f:id:mainte_man:20190628233147j:image

九州を出発して1,165キロ地点です。

暫く走っていると、ある時を境に気温が一転しました。というか、見えない温度の壁を通り抜けた感覚です。一気に暖かくなったあとは徐々に暑くなって来ました。丁度『道の駅 さるふつ公園』が見えて来たのでウィンカーを右に出して駐車場へ侵入、前方に1台バイクが停まっている辺りに近づいて行くと、そのバイクは隼でした。

(  -_・)?んっ、、、。まさかね、、、。ナンバーは、、、福岡❗

いやいや、そんな偶然が重ならないでしょっ❗


f:id:mainte_man:20190628234623j:image

はい、そのまさかでした。(笑)

行きのフェリーでご一緒、昨日のオロロンラインで再会、そしてたまたま立ち寄ったここで3度目の再会があるとは思いもよらず、2人で大笑い付きの2度目の握手。ビックリでしたが、話しを聞くと本日帰られるとか。これが北海道の最後の出会いになるでしょうが、これだけのご縁があるのだから福岡での再々再会を約束して別れました。f:id:mainte_man:20190628235128j:image

隼ライダーさんまたその内お会いしましょう❗


f:id:mainte_man:20190628235329j:image

その後、ニュースの通りで気温が上昇、暑くてここから先はボーっとして、休憩してもあまり写真撮っていませんでした。
f:id:mainte_man:20190628235357j:image

唯一、クッチャロ湖へ立ち寄った際のショットのみ。ここもオートキャンプができる便利なロケーションでしたが、本日は士別市から山間に入った無料キャンプ場を目指してます。目的のキャンプ場周辺は飲食をゲット出来るお店が無いとの情報で、士別のセイコーマートで食料調達。気温が高いので持参した保冷バッグに弁当と飲料を入れて走ります。

f:id:mainte_man:20190629001205j:image

セイコーマート〉でのお気に入り、〈ホットシェフ〉コンビニ内の大きめの厨房で惣菜を手作りで販売、旨いですよー。

徐々に標高が上がって行きます。北海道に来て初のワインディンを体験。

『こんな道もあったんだ』

一方的に直線道路しかないイメージが先行していましたので、楽しくて荷物満載にも拘わらず攻めます(笑)。この辺りである部分にダメージが蓄積されていたとは知るよしもない、、、。
f:id:mainte_man:20190629000253j:image
f:id:mainte_man:20190629000302j:image

途中の景色に魅了されつつ
f:id:mainte_man:20190629000308j:image

今夜の宿に到着。

『岩尾内湖白樺キャンプ場』

f:id:mainte_man:20190629000350j:image

その名が示す通りの白樺の林が美しいキャンプ場でした。

トイレ、炊事場、自販機完備で利用料無料とは気に入りましたが、気温はまだ高いせいか、小さなハエ系の虫と地面のアリが多いのが気になるだけでテントさえ張ってしまえば虫の侵入はゼロで快適でした。

この日のキャンパーは先に車で入られていた方と私の2人のみでした。

f:id:mainte_man:20190629000316j:image
日が暮れた途端に気温はグングン下がりましたね~。慌ててバイクのボックスに放り込んでいたシュラフを取り出しました。

あとは夕飯食べて寝るだけです。幸せ。

 

、、、続く。


f:id:mainte_man:20190629003832j:image

予告❗またかいっ(笑)⬇️

https://mainte-man.hatenablog.com/entry/2019/06/30/181114

 

コールマン アウトランダー マイクロストーブ PZ 203535 【日本正規品】 https://www.amazon.co.jp/dp/B000NIWG9W/ref=cm_sw_r_cp_apa_i_Vt.hDb4SNDXK6

スノーピーク(snow peak) ロゴダブルマグ 240 MG-112R https://www.amazon.co.jp/dp/B00IADMNS6/ref=cm_sw_r_cp_apa_i_xv.hDbXTPGQCF

アウトドアクッカー 8点セット 収納袋付 Montagna https://www.amazon.co.jp/dp/B01GT5URVQ/ref=cm_sw_r_cp_apa_i_ny.hDbPMMPN21