,"site":331247,"spot":986373,"type":1,"oriented":1};

mainte_man’s diary

『行き当たりばったりな生き方』を楽しむ。

『ビーノ再生計画⑧』電装編⑦7777❗で完。


f:id:mainte_man:20200705223003j:image

偶然にも縁起もののナンバーを取得しましたが、乗り出す為にはもうひとつ必要な自賠責保険の加入もお忘れなく❗

 

近所のコンビニに行って加入してきましたよー。

ここでも、なんと奇跡の7を頂く(笑)。

3年加入のステッカーは黄色。

これまた黄色の社外製サスペンションとの相性もバッチリ❗じゃないの❗

1年加入で7,060円、、、

2年加入で8,950円、、、

3年加入で10,790円、、、

と割引率は上がりますが、ここいらが落としどころかと3年をチョイスしたのは財布の限界だったからですが、、、何か❓️。(最長5年の14380円まではちょっと要らないかな~。)

ビーノ再生にこれまで用意した数々のパーツ達の1点単価と比較しても税金の方が高いとは❗。

 

これ払ったからには、嫌でも試乗に出掛けなければ❗と、貧乏性虫が騒ぎだす。

 

f:id:mainte_man:20200705220432j:image

そうと決まればミラーの取り付けですね。

ビーノ(ヤマハ車)のミラーは、ネジが8mmの逆ネジです。

しかし、あえて10mmの正ネジミラーをチョイスしました。

 


f:id:mainte_man:20200705220440j:image

当然ながら8mm逆ネジに10mm正ネジが付くはずもないので、変換アダプターを事前に準備していました。

車体側は8mm逆ネジでミラー側が10mm正ネジに切ってある商品(言う程凄いものではないですが便利。)


f:id:mainte_man:20200705220447j:image

このようにサクッと取り付け完了しましたが、なぜこのように回りくどい事をしたかと言うと、後々このミラーをヤマハ車以外に使い回しが出来るようにという貧乏性な理由、ただそれだけ(笑)。

 


f:id:mainte_man:20200705220518j:image

さて試乗のその前に、実はもうひとつ気になっていた事がありました。


f:id:mainte_man:20200705220531j:image

前回取り付けて取付成功したと思っていたLEDヘッドライトでしたが、どうもハイビームとロービームが逆になっている様子。

 


f:id:mainte_man:20200705220540j:image

ビーノを外に出して、遠目にヘッドライトを確認したらハイビームスイッチに切り替えると下向きを照らしているようで、どうやら逆さまに取り付けたようだ?。



f:id:mainte_man:20200705222048j:image

取り付け方向を変えれば解決出来ると思い、ヘッドライト周りを再度分解して観察してみる。

その結果と原因はですね、アタッチメント金具の取り付け向きが上下逆になっている事でLEDユニットも上下逆になった事が判明。

そう言えば、こいつを購入する際の商品レビューにも似たようなコメントがついてたのを思い出した。

私が間違えた訳では無いようです。

 


f:id:mainte_man:20200705222106j:image

アタッチメント金具を取り外して見たら、固定ビスの位置は決まっていて動かせない。

であれば、アタッチメント金具を180°回転させて加工すれば良いようだ。

 


f:id:mainte_man:20200705222127j:image

卓上ボール盤を使って、180°回転させた向かい側にビス用の穴を新しく空けてみました。

 


f:id:mainte_man:20200705222138j:image

判りにくいですがアタッチメント金具の爪の向きが変わり、上手く取り付け直し出来ました。


f:id:mainte_man:20200705230127j:image

これまた判りにくいですが、ハイビームとロービームの切り替えに成功しました。

 


f:id:mainte_man:20200705222206j:image

と言うことで、アイドリングやエアスクリュ調整などを道すがらやりながら、近くの漁港までやって来ました。

軽い車体はキビキビと走れて、ブレーキ、サスペンションとしっかり良い仕事をしてくれているようでひと安心。

 


f:id:mainte_man:20200705222215j:image
f:id:mainte_man:20200705222234j:image
残すところ、つるつるガチガチのタイヤ交換とホイール塗装が次の課題。

ちゃちゃっと先に進みたいのだが、自賠責保険払ったばかりで、もう今月どころか来月まではお財布空っぽです。

 

更に、忘れちゃいけないエンジンボアアップもやらねば❗

ボアアップしたらば、区役所で改造申請しなくては❗

そうなると、縁起ナンバーも変更だよね。

 

うーん悩む(笑)。

 

昨年の暮れから長々と続いたビーノの再生計画はここまで。

無事に再生出来ましたので一旦終わりにします。

これまでの道のりが何かの参考になれば幸いです。

 

こいつで旅に出る夢もあるので、旅仕様の改造編はいずれ書きたいと思います。

 

 

 

それでは、、、。

 

 キタコ(KITACO) ミラーアダプター(R) メッキ 8-10mm変換タイプ(逆ネジ) 505-1400101

 

 

 

『ビーノ再生計画⑧』電装編⑥


f:id:mainte_man:20200705154619j:image

このパーツの到着を待っていた❗

単なるH4カプラーの変換コネクターなのですが、節約の為にセレクトした格安LEDヘッドライトの品質は使って見るまでは安心出来ません。

私、貧乏性なのでいつでもノーマルに戻せるように、純正カプラーにポン付け出来る改造は昔から頭に染み付いています。

 


f:id:mainte_man:20200705154632j:image

と言うことで、届いたキジマ製のカプラーは調べた中ではまあまあ手頃でしたので、こいつを純正カプラーに合わせて加工して参ります。

 


f:id:mainte_man:20200705154640j:image

オスとメスを入れ換えて、配線の配列も合わせて入れ換えます。

(加工前に、配線図をにらめっこしますが、電気系は余り得意では無いので感に頼る。)

 


f:id:mainte_man:20200705154657j:image

さて、ライトカバーを車体に仮付けして、キーをON。

セルを回すと無事に点灯しましたよー。

 


f:id:mainte_man:20200705154725j:image

これで、一通りの整備が完了しました。

この狭い小屋の中では光軸調整もままならず、走ってプラグの焼け具合やキャブ調整など、もう少し整備が必要なのですが、、、

 

そもそも、乗りだすのに絶対必要なものがこのビーノには欠けてます❗

 


f:id:mainte_man:20200705154738j:image

と言うことで、区役所にやって参りました。

実は、2年前に手放そうかと廃車登録しておりましたが、それっきり今に至っておりました。

廃車登録したらば、それ以降の年一回の納税書類は届きませんが、乗らずとも所有しているだけで納税の義務は発生しますのでご注意下さい。

今回のように、再登録した時点でさかのぼって税金の支払いを求められますよ。

 


f:id:mainte_man:20200705154754j:image
と言うことで、2年分の納税書類と一緒に新しく渡されましたナンバープレートは縁起が良い事といったらありゃしない。

 

もうちょっと続きます。

 

それでは、、、。

 

 

『ビーノ再生計画⑧』電装編⑤


f:id:mainte_man:20200703173147j:image

今回はこれの続き。

前回100均メインに揃えてこしらえたUSBソケットでしたが、、、、。



f:id:mainte_man:20200703172835j:image

読者の方より熱の問題などアドバイス頂いていた事もありますが、そもそもスポンジ長すぎて収まりも悪く、一度引き抜いて再度加工となりました。

掘ってある溝の2段目でカット。

 


f:id:mainte_man:20200703172852j:image
スポンジで全体を包むと熱がこもるので、これであれば幾分と緩和される事でしょう。

更に、スポンジの溝を利用して、車体に固定出来そう。

 


f:id:mainte_man:20200703173941j:image

となれば、こんな感じで燃料計の隙間に納めて見ます。

 


f:id:mainte_man:20200703174141j:image

見えない箇所とは言っても、固定する為の穴を空けるのは少々抵抗がありましたが、空けてしまえばどうってこと無い。

 


f:id:mainte_man:20200703174306j:image

スポンジの溝にタイラップを這わせて

 


f:id:mainte_man:20200703174316j:image

上手い具合にフロントカウルに空けた2ヶ所の穴から、タイラップを抜きあげて固定します。

 


f:id:mainte_man:20200703182515j:image

2本の配線もあわせてフロントカウル内に引き込みます。

 


f:id:mainte_man:20200703204220j:image

引き込んだ赤線がUSBコネクターのプラス極。

こいつの電源取込みは、ホーンの配線に割り込ませて見ようかと思います。

そこで登場したのが、赤色の奇妙な形状のコネクターです。

上部に突き刺さっている得体の知れぬシルバーの金物はスリットが2ヶ所切ってあり、配線に噛ますことで被覆だけを破いて通電させる便利アイテム、まさにギロチン。

USBコネクター側の赤線を配線コネクターの右側の穴に入れたら

 


f:id:mainte_man:20200703183258j:image

今度はホーンの茶色線を配線コネクターのもうひとつの穴に通して、押込み蓋をこのように最初の爪に引っ掛かけてあげて止めておきます。

 


f:id:mainte_man:20200703184443j:image

そうしたら、ペンチでくわえて最後まで爪が引っ掛かるところまでギロチン金物ごと潰していきましょう。

 


f:id:mainte_man:20200703184832j:image

先程のギロチン金物が押されることで、それぞれの配線被覆だけが中で破れて分岐出来、通電状態になっているはずです。

 


f:id:mainte_man:20200703190650j:image

最後に黒線にアース用端子を加工取付たら適当なボルトに固定して車体アースを取ります。

 


f:id:mainte_man:20200703190916j:image

スマホをUSBコネクターに差し込み通電確認したら、問題なく充電開始されました。

 

残すところ、ヘッドライトの取り付けだけになりました。

 

カプラー加工部品が届いたら電装系はこれで終わるはずです。

 

それでは、、、。

 

 

エーモン クワ型端子セット 穴径8φ 4セット E331

エーモン クワ型端子セット 穴径8φ 4セット E331

  • 発売日: 2012/05/09
  • メディア: Automotive
 

 

『ビーノ再生計画⑧』電装編④

昨日は、娘ちゃん(中3)の高校進学に向けた進路説明会に行って来ました。

コロナウィルス感染予防の観点から、ひと家庭から1名出席との案内でした。

息子の時からそうですが、子供たちの行事には殆んど私が出ていますので別に問題ない。

という事で行って来ましたが、平日の金曜日とあって、男親は予想通り私1人でしたね(笑)。

それもあってか娘ちゃん、小学校までは親父の来校にニコニコ嬉しそうにしていたものでしたが、さすがにお年頃の娘ちゃんは不服そうでしたね~。

 

、、、、寂しい。

 

さて、ビーノの再生計画ですが、サラリーマンの少ない小遣いで電装系のパーツを極力安く仕入れる為に、ポチポチと複数のネットショッピングを利用しておりますが、格安パーツは必ずと言っていいほど海外発送がほとんど。

 


f:id:mainte_man:20200627193628j:image

ようやく、ここまで揃いました。

前後ウィンカーとストップランプをLED化するだけに待つこと4週間。

 

ヘッドライトは先日紹介しましたが、変換コネクターだけがいまだに届かず、、、。

 

とりあえずは、動作確認をとっていきますが、最大のメリットであるお財布に優しい格安パーツのデメリットは品質の信頼性です。

 

はたして、大丈夫でしょうか。

 


f:id:mainte_man:20200627193642j:image

ド派手なオレンジのこれは、LEDには絶対必要なICリレーです。(1個399円)


f:id:mainte_man:20200627202856j:image

ウィンカーの点滅スピードを、写真の箇所にあるダイヤル調整でコントロール出来ます。

お手製の赤いハーネスはバッテリーのプラス極から通電されているカプラーへ繋ぎ、白のハーネスはフラッシャースイッチ側のカプラーへ繋いでおきましょう。

 

 

f:id:mainte_man:20200627193655j:image

フロントウィンカー用のLED T10 バルブ。(2個で280円)

 


f:id:mainte_man:20200627193705j:image

リアウィンカー用のLED S25シングルバルブ。(2個500円)

 


f:id:mainte_man:20200627193718j:image

ブレーキランプ用のLED S25ダブルバルブ。(1個499円)

 


f:id:mainte_man:20200627193730j:image

取り付けがてら、くすんだウィンカーも磨いて置きましょう。



さて、全てを取り付け終わりました。

まずは、レンズキャップ付けない状態で点灯確認して見ました。⬇️



格安パーツたちでしたが、不良品もなく無事に作動してくれました。
とりあえずはひと安心ですが、あと気になるのは耐久性ですね。

 

電装系のネタはもう少し続きます。

 

それでは、、、。

 

下記の商品は、ご参考まで。

Amazon以外のショッピングサイトでも購入していますので、紹介した商品とは仕様や価格が違います。

 

『ビーノ再生計画⑧』電装編③


f:id:mainte_man:20200625131105j:image
先日、息子から父の日のプレゼントでコーヒースティックを貰いましたが、ちゃんと娘ちゃんからもメッセージ付きのカロリーメイト貰いました(笑)。

作業後のコーヒーとカロリーメイトで休憩が楽しみ~ありがとう。

 

その奥に見える箱は、その日に届いた自分への贈りもの。

 


f:id:mainte_man:20200625131419j:image

ビーノ用にと一生懸命に探した汎用のLEDヘッドライトバルブです。

ネットで色々ググって一番安くて使えそうなものを選んで見ました。

はたして使い物になるのか?いわば、実験的改造です。

 


f:id:mainte_man:20200625131518j:image

本体の他にアタッチメントパーツが付属していました。

バイクの色々な規格のライトに使えそうです。

 


f:id:mainte_man:20200625131706j:image

これはコントローラーです。

バッテリーからの電流を適度に調整してくれるはずです。

しかし形状がマウスみたいだが、思わずクリックしたくなる(笑)。

 


f:id:mainte_man:20200625132914j:image

純正ハロゲンバルブとの比較です。

LEDの後方の黒い箱は電動式の冷却ファンです。

LEDの基盤は熱に弱いので強制的に冷やす必要がありますが、今回購入してものは冷却ファンタイプ。

他にも空冷エンジンのフィンのようなヒートシンク方式の商品もありました。

どちらも冷やすための工夫だと思いますが、冷却ファンは壊れるのが早そうな予感しかしないが、、、。

 


f:id:mainte_man:20200625133209j:image

まあ、今更悩んでも仕方ないので、早速ビーノのヘッドライトに組み込むとしましょう。

 


f:id:mainte_man:20200625133249j:image
f:id:mainte_man:20200625133258j:image

裏返して、ゴムカバーをめくると


f:id:mainte_man:20200625133313j:image

バルブ押さえのソケットが現れますので、右に回して爪を外して抜きましょう。


f:id:mainte_man:20200625133322j:image

そうするとハロゲンバルブにアクセス出来ます。



f:id:mainte_man:20200625133407j:image

それでは、LEDバルブを装着しますが、その前にバルブ押さえの代替えには、付属のスプリングが必要です。


f:id:mainte_man:20200625133539j:image

そのスプリングをソケット穴にセットしてからLEDバルブを差し込み左向きにねじ込むと固定出来ます。

 


f:id:mainte_man:20200625133556j:image
f:id:mainte_man:20200625133607j:image

このように、比較的簡単に装着出来ます。

爪の向きは1ヶ所にしか収まらない構造ですので、間違って上下反対に装着する事は無いです。

それでは、バッテリーに仮付けしての点灯試験をやって見ましょう。

 


f:id:mainte_man:20200625133618j:image

まずは、Loビームから。

見事に点きました。

けっこう明るいですね。

3面ある発光体のち2面が光るようです。

そして、冷却ファンも勢い良く回っていますが、少々回転音が気になりますね。

今は静かですが、そのうちうるさく成らない事を祈ります。

 


f:id:mainte_man:20200625133625j:image
次はHiビーム。

Hiビームの点灯では、3面ある発光体が全て点くのでかなり明るい。

 

無事に点灯試験は終了しました。

次のステップとしては、実際に車体に取り付けて光軸調整もありますが、その前に万が一壊れても元に戻せるようにと、車体側の純正のカプラーは活かせるように注文中のメスコネクターとH4コネクター待ちです。

 


f:id:mainte_man:20200625214230j:image

到着が待ち遠しい。

 

それでは、、、。

 

 

父の日の贈り物

 

Amazonから大きな箱が届いた。

差出人は、県外で働いている息子から。

 


f:id:mainte_man:20200622215155j:image

中身はこれでした!

が、同封のメッセージカードには、、、コーヒー❓️とも書いてある。

 


f:id:mainte_man:20200622215355j:image

Amazonの箱の奥に緩衝材と一緒に隠れていたんだがー。

危なく捨てるとこでした(笑)。

 


f:id:mainte_man:20200622215443j:image

コーヒースティック(笑)

父の日にありがとう。

 

無類のコーヒー好きにはたまらない贈り物で十分に満足です。

 


f:id:mainte_man:20200622215630j:image

こちらは『みんなで使ってね。』との事。

という事でオマケ(笑)のもう1つは、アンカーのスピーカーでした。

長過ぎてTV台からはみ出してら~。

(壁掛けも出来るので追々考えよう。)

BTS(防弾少年団)の動画サイトにのめり込んでいる、奥様と娘ちゃんには最高の贈り物でした❗

 

 

 

良い音だなぁ♪

 

それでは、、、。

 

 

 

『ビーノ再生計画⑧』電装編②


f:id:mainte_man:20200622123453j:image
f:id:mainte_man:20200622123237j:image

前回作ったUSBポートでしたが、やっぱり見た感じがエイリアンの子供みたいで気に入らない。

 


f:id:mainte_man:20200622123400j:image

そこで、編組ネットは撤去いたしまして、、、

 


f:id:mainte_man:20200622123533j:image

マイナス極の配線と本体の隙間に適当な大きさに切ったゴム板を挟んで、振動などではんだが切れないようにとトラブル回避策を施したら、、、

 


f:id:mainte_man:20200622123844j:image

そのまま絶縁テープでぐるぐる巻きに固定します。

この絶縁テープは大変気に入ってます

。(ストレートさんで無くなる前には買い足していますが、時間が経っても特有のベタ付きが少なく、テープの表面が半艶なところが安っぽくなくて、しかも剥がし易いって褒めちぎれるくらいオススメ。)

 


f:id:mainte_man:20200622123946j:image

さて、ここでホームセンターで見つけてきたスポンジカバーの登場。

本来の使途はこれと言って指定されてないですが、竹輪のように中央に20mmの穴が空いており、ホウキや釣竿の柄に通してグリップに使うようなものみたいです。

 


f:id:mainte_man:20200622124226j:image

もうお分かりかと思いますが、この竹輪に配線を通して

 


f:id:mainte_man:20200622124457j:image

ちょっと窮屈で入りにくいのでシリコンスプレーを軽く吹いて圧入すると

 



f:id:mainte_man:20200622124630j:image

純正の専用カバーかの如く良い具合に収まりました。



f:id:mainte_man:20200622124606j:image

どうでしょう、ぴったりフィットで優しい握り心地です(笑)。

但し、熱の問題など検証はこれからです。

あくまでも素人のDIYですので決して真似などなさらないように(笑)。

 

 

さてさて、取り付ける場所は大方検討つけたのですが、次のステップに移るにも諸々ネット注文しているヲタクアイテムが届きません❗。


f:id:mainte_man:20200622125357j:image

①ヘッドライトのハロゲン球をLED化へ。

見ての通り黒く焼けてますね。


f:id:mainte_man:20200622125601j:image

②ウィンカーの白熱球をLED化へ。

左はフロント側、右はリア側ですが敢えて球種を変えている理由が謎です。

 


f:id:mainte_man:20200622125909j:image

③最後にブレーキランプ

ここまでを変えたらオールLED化となります。

 


f:id:mainte_man:20200622130338j:image

一部アイテムは手元に届いて居るのですが、LED化にはマストのICリレーが一向に届かず、、、国内発送通知が来て1週間経過してるのですが、嫌な予感しかしない。

 

イジイジしたい虫が、私の頭の中で動き回っているのだが~。

 

まだかな~。

 

それでは、、、。

 

 

光 スポンジカバー 20×120 SGB-110

光 スポンジカバー 20×120 SGB-110

  • メディア: Tools & Hardware
 

 

『ビーノ再生計画⑧』電装編①

 

梅雨というか、空梅雨というか、日々天候の変化が読めませんが、今日は晴れたのでケイくんとゆっくり海まで散歩に行きました。



f:id:mainte_man:20200620002612j:image

何だか辛そうな顔に見えますが、その通り❗強風に向かって耐えている状況です(笑)。

思いの外、強い海風と舞い散る砂にやられ2人とも砂まみれになりながら退散しました。

 


f:id:mainte_man:20200620002857j:image

家に帰ったら、楽しい工作を始めます。

先日、ダイソーで買ってきたUSB対応のシガーソケットです。

通常の用途としては、ご存知のように車のシガーソケットに差し込んで使うものですが、こいつをビーノに取り付けてスマホの充電などに使っていく作戦です。

100均で買う200円商品のその訳は、

①高速充電対応の5V/2.4A

②2USBポート

③接続機器を認識して適した電流を流すというICチップ内蔵

④当たり前だが12V対応

⑤おまけのブルーLEDランプ点灯(笑)

 

100円のシガーソケット

①1Aまでなので、iPhoneなんかは充電出来ません。

②USBポートは1つだけ

③以上(笑)。

 


f:id:mainte_man:20200620002917j:image
f:id:mainte_man:20200620002925j:image
このようにUSBポートが2つあれば何かと重宝する。

 


f:id:mainte_man:20200620003947j:image

試しに通電してみたら、ポートの口が青く光りました。

 


f:id:mainte_man:20200620004039j:image

肝心のUSBポートにスマホを接続してみたら、無事に機能しています。

 


f:id:mainte_man:20200620004226j:image

という事で早速、新品にヤスリをかけていきましょう。

 


f:id:mainte_man:20200620004327j:image

シガーソケットは先端側がプラス極です。

ここにはメッキがされていますが、平になるように軽くヤスリがけします。

 


f:id:mainte_man:20200620004337j:image

シガーソケットの側面にもメッキの端子が2ヶ所あります。

こちらはマイナス極ですが、どちらか1ヶ所を同様に平にヤスリがけします。

 


f:id:mainte_man:20200620004716j:image
f:id:mainte_man:20200620004724j:image

続きまして、シガーソケットを軽く万力で固定して、2mm ドリルで穴を空けていきますが、先程ヤスリがけした事で、ドリル刃の食い付きが良くなります。

メッキのままだとつるんと滑って穴が空けられませんからね。

 


f:id:mainte_man:20200620005031j:image
f:id:mainte_man:20200620005037j:image

このように穴が空きました。

 


f:id:mainte_man:20200620005103j:image

次に、電線を用意します。

赤がプラス極用、黒/赤をマイナス極用にしましょう。(昔何かを分解した時の配線でしたが取っておいて良かった。)

 


f:id:mainte_man:20200620005351j:image

空けた穴に配線を差し込み、はんだ付けしていきます。

 


f:id:mainte_man:20200620005441j:image

マイナス極側完了。

 

 


f:id:mainte_man:20200620005503j:image

次にプラス極側です、動かないように固定しましょう。

 


f:id:mainte_man:20200620005546j:image

こちらもはんだ付け完了。

 


f:id:mainte_man:20200620005610j:image

このように接続が出来ました。

 


f:id:mainte_man:20200620005638j:image

念のため、通電確認してみました。

12Vバッテリーに接続したら、例のブルーLEDが点灯しましたので成功です。

 


f:id:mainte_man:20200620005802j:image
f:id:mainte_man:20200620005811j:image

はんだ付け箇所のショート防止の為に、熱収縮チューブをライターで炙って保護します。

 


f:id:mainte_man:20200620005941j:image

f:id:mainte_man:20200620005949j:image

更に、全体を保護する為に編組チューブを被せましょう。

 


f:id:mainte_man:20200620010128j:image

何だか見た目がエイリアンの子供みたいになりましたね(笑)。

 


f:id:mainte_man:20200620010221j:image

ここまで一旦完成です。

USBケーブルを差し込んだらこんな感じですね。

200円で買ってきたソケットと家にある材料で出来たので、お財布に優しくコスパ最高です。

 

次回は、こいつをビーノに取り付けていきたいと思いますが、何処に取り付けようか頭のなかで妄想しながら寝ましょうかね。(ニヤニヤ)

 

それでは、、、。

はてなブログ始めて1周年

 

 

良く気が付いたなと思います。

はてなブログを始めて丁度1年経った事を。

 

今日がその1年経った日。

 

人生初のブログを始めた日。⬇️

https://mainte-man.hatenablog.com/entry/2019/06/16/122139

 

読み返して見たら、色々言い訳しながらブログ始める宣言みたいな事を書いています。

 

続ける事が出来るのか?自分の思い立ちに半信半疑でしたが、とりあえずは1年続きました。

 


f:id:mainte_man:20200616192829j:image

思い出したきっかけは、さっきケイくんと早めの散歩に出掛け、夕方の海を材料に、先日手に入れて修理したばかりのジャンクカメラで試し撮りも兼ねて歩きだしたのだが、、、思いの外、日差しがキツくて2人で引き返して来ました。



f:id:mainte_man:20200616193808j:image
f:id:mainte_man:20200616193829j:image
f:id:mainte_man:20200616194439j:image

それでも折角来たので、海の手前の日陰から試し撮りをして見ました。

1枚目は300mmの望遠レンズで道路をぼかしたり、2枚目はカメラのオートで風景撮りの性能試したり、3枚目はエフェクトで遊んだりと、問題なく撮れたので満足して帰宅しました。

 


f:id:mainte_man:20200616195050j:image

帰宅の途中でふと思いが沸いてきた。

ケイくんと一緒に毎日欠かさない散歩の事、これから帰って家族の為に料理しなくちゃいけない事、さっき撮ったカメラも気が付いたらハマっている事、ビーノを早く完成させて旅に出掛ける楽しみ、、、そう言えば丁度去年の今頃は北海道へソロツーリングへ行った事も思いだしていたら、そもそもブログ始めたのも今頃だったよな、、、。

 

北海道ソロツーリングの序章⬇️

https://mainte-man.hatenablog.com/entry/2019/06/16/224759

 

と、スマホを取り出して自分のブログを見返してみたら、1年前の今日がデビューの日でした。

 

こんな事までブログのネタにしてしまいましたが、1年前の自分と大きく変わったよな~と思います。

例えネタ探しの為にとは言え、意識して写真撮ったり、頭使って文章考えたり、嘘は書けませんのでググって調べものしたりと、ブログやって無かったら日々薄く毎日ボーッとして過ごして居たんだろうな、、、と。

 

ブログ効果が素晴らしいという事を、1年の節目に考えることが出来て、充実した日になりました。

 

 

(気力が湧かないというか、、、。

『これではいかん!』

必要なものは脳の活性化?

人に読んでいただければ

張り合いみたいなものが出る?

日々の記憶をデータで残せるし!

やってみようかなぁブログ、、、

続けれるかなぁ?)

 

1年前の自分がこんな事を書いておりますが、ブログやって本当に良かったと思います。

また、普段リアルな生活では友達が少ない私ですが、フレンドリーな『はてな』の読者さん皆さんにコメントいただいたり、返させていただいたりと、ありがとうございます(笑)。

 

そして、これからも引き続き楽しんで行こうと思います。

 

それでは、、、。

 

追記、ブログをアップしたあとに運営から案内来てました(笑)⬇️


f:id:mainte_man:20200617131004j:image

 

『ビーノ再生計画⑦』苦悩❗流血の番外編

先日は、ビーノのエンジンが掛からないという最大の難所を乗り越えたところで終えていましたが、実はその前にも、それ以上の難所が存在していたのです。

 

 

f:id:mainte_man:20200614163955j:image

これです。

何かと申しますと、キックスターターの組立作業です。

どんなに大変かとも知らずに、簡単に分解をしたものの、組み付けは難易度Maxレベルの難しさ。

部品点数もわずか3つだけなのに、ヤマハの工場ではどうやって組み立てたのか?誰か教えて(笑)。

 

 

f:id:mainte_man:20200614164009j:image

この状態から、、、

 


f:id:mainte_man:20200614165836j:image

この状態にするだけ、、、なのだが。

 


f:id:mainte_man:20200614165852j:image

何が大変かと言うとリターンスプリングの固定です。

図のようにオレンジ丸のストッパーを軸に、スプリングの先端(水色点線部分)を赤矢印方向に引っ張って、真下のピンに引っ掛けるという作業です。

文章にすると簡単ですが、がっちりとトグロを巻いているこのスプリングは超強力でちょっとやそっとでは動きません。

しかも、とんでもない反発力でギアプレートの下側から浮かさずに引っ張り出さなければ簡単に弾けて痛い目に会うというまさに難易度Max(汗っ)。

 

実は、さかのぼる事2週間前、何度かのトライ中に実際に大変な流血騒ぎになっていました(笑)。

流石にテンパって写真撮っていなかったのが悔やまれますが、右手親指の爪の付け根にスプリングの先端が突き刺さり(痛っ❗)悶絶をうつと同時に鮮血が辺りに飛び散るなどして大惨事でした❗

 

そんな事があって、2週間経ちましたが傷口もふさがり痛みも引いたのと、今回エンジンが掛かった事で気を良くして再度トライする事にしました。

 


f:id:mainte_man:20200614164022j:image

先日の惨事が起きないように、ネットをググって先人の知恵を参考にしながら、頭をフル回転させて有りものの工具を駆使してやり遂げましたよ❗

本当に曲者のスプリングで、鮮血のトラウマもあり、変に力んで手は汗ばみ緊張の作業でしたが、奇跡的に成功して良かった(笑)。

バイク屋さんもやりたがらないという箇所らしく、2度と分解はしないと心に誓いました。

 


f:id:mainte_man:20200614164045j:image

この最後の抜け止めサークリップを取り付けるまで油断ならなかったです。



f:id:mainte_man:20200614170134j:image

最大の難所を乗り越えたら、これからの作業なんて知れたもの(笑)。

前回シリコンオイルで艶が復活していたはずの樹脂カバーは、元の色褪せた状態に戻っていたので、必殺の火炙りにしてやりました。

 


f:id:mainte_man:20200614170145j:image

半分炙った状態は、こんなにも艶が違いますね。

 


f:id:mainte_man:20200614165929j:image

黒光りが気持ちいい。

 


f:id:mainte_man:20200614170206j:image

さて、キックペダルを差し込み、苦悩したキックスターターの具合を試して見ますよ。⬇️

バッテリーは繋いでいませんでしたが、見事にキック一発始動出来ました❗テンション上がります❗

 

次回まだまだ続く、ビーノのレストアは電装系に手を入れて行きたいと思います。

 

それでは、、、。

 

 

『ビーノ再生計画⑦』苦悩編③

 

f:id:mainte_man:20200612224135j:image

ヤマハのビーノ、エンジンかからずに苦悩は続いていたのだが、、、。⬇️

https://mainte-man.hatenablog.com/entry/2020/06/10/220840

 


f:id:mainte_man:20200612225017j:image

エアスクリューのパッキンが入ってない事が判明して、キャブ用の補修パッキンを探していたら、、、、。



f:id:mainte_man:20200612224154j:image
f:id:mainte_man:20200612224204j:image

ありました❗

これあると便利ですよ。

これまでにも色々なキャブのメンテしてきましたが、大体のものにマッチします。

 

ビーノのキャブレターにもジャストサイズがありましたので、あせる気持ちを押さえつつ組み付け直して、セルボタンを押すと⬇️

 

 

バンザーイ❗

呆気なくエンジン掛かりました❗

終始ニヤケ顔が止まりませんね~。

 

いやー、思い起こせば昨年末からレストア始めて、半年かかった事になりますね。

途中、新型コロナの影響でストップしていたとは言え、エンジン音を聞くと報われますよ。

 


f:id:mainte_man:20200612224240j:image

次は、この不細工なバッテリーをどうするか。

答えは簡単、純正バッテリーを注文します(笑)。

この後、スマホ等のUSB充電ケーブルを増設するつもりなので、大容量バッテリーに越した事はないと思っていたのですが、灯火類を全てLED化してあげれば負荷も減り、充分だと判断したからです。


f:id:mainte_man:20200612230748j:image
f:id:mainte_man:20200612230800j:image
更に、送料込みでこのお値段であれば、尚更悩む必要は無くなりました。

来週の到着まで暫く待ちましょう。

 

 

f:id:mainte_man:20200612224324j:image

次に、エンジン掛からない理由の一つにレギュレーターを疑ってましたが、疑いは晴れました。



f:id:mainte_man:20200612224312j:image

とは言え、先走って注文していたものが届きましたので、この先いずれ不調になるでしょうから、交換しておきましょう。

 


f:id:mainte_man:20200612224351j:image
社外品ですが、コネクターもカチッとハマって、ピカピカの新品はいいものです。

 

セルボタン押したら、秒でエンジン掛かり、気のせいかアイドリングとヘッドライトの光量が安定しているような、決して悪い方向には行っていないことが確認できました。

 

さてさて、次回からは電装系の改造に入りますかね。

ちょっと、お小遣いと相談しながらになりますので、この先はいつになるやら。

ひとまずは、安心しました。

 

それでは、、、。

 

バッテリーは楽天で注文しましたが、Amazonのリンク貼ってます。

 

 

『ビーノ再生計画⑦』苦悩編②

ヤマハのビーノ、エンジンかからずに苦悩は続く、、、。⬇️

https://mainte-man.hatenablog.com/entry/2020/06/09/171745

f:id:mainte_man:20200610175603j:image

見た目は完成❗動かないけどな。

 

会社でバイク仲間の先輩と不動エンジンの話をしていて、とあるヒントが浮かんだ❗

 


f:id:mainte_man:20200610175615j:image

昔から良くやられている、潤滑スプレーを使った始動方法。

『試してみる価値ありだな。』

と思い立って、会社から帰って速攻で試す。

 

5-56があったので、エアクリーナBOXをむしり取り、直接キャブのインテークに軽くひと吹き浴びせて、セルを回すと、、、。


f:id:mainte_man:20200610175632j:image

『キュルキュル、、、ポスポス、、、』

オッ❗明らかに前回とは違う初動。

 

気持ちも高ぶり、再度プシュー。

『キュルッ、、ポスポスポスポスポス。』

オオー❗かかる気満々の手応えを感じて、原因はキャブにあると自己判定。

 


f:id:mainte_man:20200610175925j:image

早速キャブを取り外し、バラしてパーツリストと見比べながら1ヶ所づつ慎重にチェックしていたら、、、。


f:id:mainte_man:20200610180238j:image

エアスクリューの部品点数に違和感。



f:id:mainte_man:20200610180223j:image

パーツリストの11番と見比べると、矢印のパッキンが見当たらないね。

キャブの本体側に張り付いている訳も無く、まさかの取り付け忘れか❗

 

となると、エンジンかからない理由が何やら見えてきた。

この薄いパッキンが入っていない状態のエアスクリューだと、締め込みから規定値の1と5/8戻しをしたところでは、エアの調整量が足りずに混合ガスが濃く、プラグヘッドが濡れて常にカブった状態と想像が付く。

だとしたら、最初にプラグチェックした時に濡れていたのもうなづけるなー。

頭が濡れてりゃ火花は散っても、点火しないわな~。

 

さてさて、失踪したパッキンを探しても出ては来ないだろうから、ちょいとガレージ内のストック庫を物色してみます~。

 

それでは、、、。

 

 

『ビーノ再生計画⑦』苦悩編①


f:id:mainte_man:20200609163500j:image

ヤマハビーノさん❗どうした❗目を覚ましておくれ~。

って、持ち主のメンテ力が無いだけの事(笑)。

 

前回はエンジンがかからないまま終わってました⬇️

https://mainte-man.hatenablog.com/entry/2020/06/05/182033

 


f:id:mainte_man:20200609163449j:image

火花は飛んでいたので、プラグの問題では無いと判りつつ、、、注文の品が届きました。

送料勿体ないので、安かった社外品のリアキャリアも一緒に注文してました。

 



f:id:mainte_man:20200609164139j:image
f:id:mainte_man:20200609164145j:image

上が純正キャリア、下が社外品。

みての通り、純正品はキャリアとしてのやる気は全く無し(笑)。

(まあ、キャリアとしてデザインした訳では無くて、センタースタンド立てる際の持ち手という事だと思います。一応ヤマハさんの面子の為にフォローしておきましょう。)

それに引き換え社外品はロングだし、強度もありそうで、キャリアとしての自覚を感じます。

ビーノが動いた暁には、リアにボックスを積むなどの加工を目論んでいます。

ビーノのデザイン上、給油口がこんな所に付いているため、ボックスと干渉するのは明らかです。

解決方法をあーしよう、こーしようと頭の中で妄想してニヤニヤしています。

 

そんな事よりも、エンジンが先でした。


f:id:mainte_man:20200609163839j:image

新旧プラグ。

 


f:id:mainte_man:20200609164657j:image

比べる程でも無いですが、旧プラグもまだまだ使えるとは思うのだが~。

 


f:id:mainte_man:20200609164810j:image

奇跡よ起これと念じて新プラグを取り付けて、


f:id:mainte_man:20200609164821j:image
バッテリーを繋いで、スタートボタンを押す❗

 

『キュルキュルキュルキュル~。』

以下繰り返すだけ~。

 

はい、今日はここまで(笑)。

 


f:id:mainte_man:20200609165127j:image

お次はこれ待ち~。

これも原因では無いと思うのだが、消耗品だし、まあいいか。

楽しみは続く、、、。

 


f:id:mainte_man:20200609165225j:image

今夜は娘ちゃんが作ってくれた、揚げ物3種盛りにテンション上がりました~。

美味しかった、ごちそうさま。

 

それでは、、、。

 

 

 

 

 

 

『休日はメンテマン❗』ジャンクカメラ沼、再び。

以前のブログで書いた、ジャンクカメラ沼でしたが⬇️

https://mainte-man.hatenablog.com/entry/2020/05/12/195424

 

また、やってしまった(笑)。


f:id:mainte_man:20200606102326j:image

Nikon D7000  もちろん立派なジャンク品。

こいつで5機種目になります。

 

因みにジャンクカメラ入手状況を振り返ってみよう。

Nikon D100 2002年発売 6.1メガピクセル

②Nikon D70s 2005年発売 6.1メガピクセル

Nikon D40x 2007年発売 10.2メガピクセル

Nikon D3100 2010年発売 14.2メガピクセル

⑤Nikon D7000 2010年発売 16.2メガピクセル

といった感じで、カメラの進化順に増えております。

 

①と②は、一眼レフカメラの知識も無くて、ただ単純に某オークションで安いカメラが目に付いて、

『インテリアで飾るのも雰囲気あっていいかな~』

なんて、ポチってたら見事に落札されてました。

 


f:id:mainte_man:20200606110534j:image

②のD70sは当初電源も入らない個体でしたね。
f:id:mainte_man:20200606110641j:image

①のD100はホコリまみれの汚い個体でした。

 

実際は、②のD70s本体を先に入手したが、次にバッテリーと充電器を探していたら、①のD100にそれらが付属したものが落札出来て、結果2台共に華麗に再生を経て撮影も問題なくこなせる相棒となりました。

 

私、昔から何でもそうですが、手をかけた物に愛着が沸くタイプ、バイクやらペットやら色々な相棒が沢山居ます(笑)。

 

話を戻して、今回も相棒となるであろうNikon D7000くんのジャンク理由としては、


f:id:mainte_man:20200606230731j:image

①バッテリーボックスの蓋が欠品。(バッテリーと充電器は別でバルク品を購入しました。)




f:id:mainte_man:20200606233827j:image

②電源は入るが、日時の設定画面から先に進まない。

 

③いつもの事だが、グリップ類がベタベタ。

 

という事を了解した上で、納得の格安落札でした。


f:id:mainte_man:20200606231723j:image

実際、別手配のバッテリーが届くまでの数日間にベタベタの清掃などクリーニングは済ませておきました。


f:id:mainte_man:20200606231816j:image

グリップの赤い意匠も擦れたキズでガタガタ。

 


f:id:mainte_man:20200606231926j:image

ヤスリと耐水ペーパーを使ってリペアしました。

 

その後、バッテリーも届いて電源入れたら日時の設定画面から先に進まないという意味が判かりました。

単にマルチファンクションキーが一切反応しないようだ。

 

早速、分解してボタンの不具合やコネクター接触不良などを疑い、接点復活材で清掃を試みましたが解消されず、諦めかけておりましたら希望の光がさした。

某オークションに背面パネルのみバラ売りされているではないか❗

 


f:id:mainte_man:20200606233325j:image

これは何かのご縁とばかりに一か八かの入札開始、流石にこんなパーツを欲しがる輩は私くらいでした。

単独で見事に落札出来ました。

 


f:id:mainte_man:20200606234201j:image

待つこと数日後、届きました❗(右がゲット品。)


f:id:mainte_man:20200606233415j:image

早速、交換しようと思いましたが、届いたパーツの各種操作ボタンはプリントが消えかかっているので、良いとこ取りの移植をしました。


f:id:mainte_man:20200606233426j:image
f:id:mainte_man:20200606233436j:image
f:id:mainte_man:20200606233446j:image

移植は簡単です。


f:id:mainte_man:20200606233507j:image

サクサクとパネルを取り替えて電源オン❗


f:id:mainte_man:20200606233514j:image

ここまでは、同じ設定表示が出ました。

そして、いよいよマルチファンクションキーのOKボタンを押すと、、、、

 



f:id:mainte_man:20200607000635j:image
バンザーイ❗動いた❗

日時の設定も出来ました。

その他の操作も問題なく作動確認。

 


f:id:mainte_man:20200606233537j:image
シャッターも切れて正常な状態が確保出来ました❗

 


f:id:mainte_man:20200606235205j:image

5番目の相棒❗今日からヨロシクな(笑)。

 

このジャンクカメラ沼、、、、そろそろ終息かなぁ。

 

Nikonのカメラにこだわる理由は特にありませんが、CanonやらSonyと範囲を広げるのは危険過ぎます。

あわせて、Nikonの2010年以降のモデルは、ジャンクカメラとは言え常に高値なので、少ない小遣いでは破産の道まっしぐらという理由もあるので、自制心が大事。

いやいや、自制心が無いからこうなっている説もあるが、、、。

 

何はともあれ、壊れたものをメンテする事が趣味なので、これからもジャンク品を手に入れ続けるだろうな。

 

それでは、、、。

 

 

 

『ビーノ再生計画⑥』組立編⑩

前回は組み上がったにもかかわらず、エンジンがかからないというかオチで終わりました。⬇️

https://mainte-man.hatenablog.com/entry/2020/06/01/152441


f:id:mainte_man:20200605175542j:image

さてさて、エンジンかからない理由は何か。

数年間放置していたとは言え、しっかり動いていたバイクでしたので、原因は❓️見落としは❓️など、自己トラブルシューティングです。

 


f:id:mainte_man:20200605175551j:image

色々考えて、1度リセットして見ることにしました。

数分でここまでバラせるほどに(笑)。

カプラーなど配線の再確認もしつつ、

 


f:id:mainte_man:20200605175558j:image

マフラー外して、ちゃちゃっと、エンジンもバラします。

 


f:id:mainte_man:20200605175605j:image

折角取り付け終わった、68ccボアアップキットをノーマル50ccに戻して見ることにしました。

 


f:id:mainte_man:20200605175617j:image

元のピストンとサビサビシリンダーを組んで

 


f:id:mainte_man:20200605175623j:image
シリンダーヘッドを組みつけ直して、マフラー取り付けて、、、。

 

いざ、始動確認❗でしたが、、、、症状に変化無し。

 

セルモーターは勢い良く回りますが、初爆が無いですね~。

念のため、

新品プラグをネット注文しましたので、続きは後日に持ち越しですな。

 

それでは、、、。