,"site":331247,"spot":986373,"type":1,"oriented":1};

mainte_man’s diary

『行き当たりばったりな生き方』を楽しむ。

それは突然に❗深夜の来訪者。


f:id:mainte_man:20200421123651j:image

それは、いつもの夜の散歩中の出来事でした。

 


f:id:mainte_man:20200421123933j:image

雨の影響か、少し生あたたかい風が吹いていた。

 

散歩も終盤、それは自宅付近に差し掛かった時だった。

 

突然、左手のスマートウォッチが振動、、、

 

ポケットからスマホを取り出して見る。

 

あるバイク仲間から、一件のLINE通知が届いていた。

 

そこには、、、

 

 

『居ます❗』

と、だけ打たれた文字。

 

『居ます❗』って、、、どういう事?

 

ふと周りの暗闇を見回したが、人影らしきものは見えないが、誰か居るとでも言うのか❗

 

すると携帯に着信が入った。ビクッ❗(驚)

 

こんな夜中に何か起こったのかと、恐る恐る電話をとる。

 

電話の声は大きく、ひどくろれつが回っていない様子で聞き取り辛い。

 

 

『どうした❗何かあった❓️』

 

と、問いただすが

 

『わからん❗道がわからん、ぐるぐると回っている、、、。』

 

と、電話の主は動揺した様子だ。

 

これは只事では無いと思っていると、一台のクルマが近づいて来て、私達の横でゆっくりと停まった。

 

恐る恐る車内を覗くと、運転席の女性らしき人影の肩越しに、、、なんと❗一本の白い足が飛び出しているでは無いか❗

更に、助手席の男がドアを開けて、こちらを睨み付けながら、なにやらブツブツと口にしながら降りてきた。

 

ガチャ、、、バタン。

 

 

 

 

『イヤー迷った~迷った~、久々に~来て~家がわからんかった~、ぐる~ぐる~回ったよー❗』

 

と、呑んで酔っ払ったバイク仲間が、彼の奥さんの運転で突然とやって来ました(笑)。

奥さんも苦笑いでしたが、知り合いの家から竹の子堀りの帰りだったようです。

帰り道が、うちの近くだったので、掘りすぎた竹の子をお裾分けついでにと、寄ったそうです(笑)。

 

ミステリー小説風に書きましたが実話です(笑)。

 

最初の『居ます❗』は酔っぱらっているので『居ます❓️』のLINE打ち間違え(笑)。

 

『わからん❗道がわからん、ぐるぐると回っている、、、。』は、やはり酔っぱらいなので冷静なナビゲーションが出来なかった。

 

運転席側の白い足は、後部席で疲れて寝ていた彼の息子の足(笑)。

 

こんなくだらない話でひっぱりましたが

 


f:id:mainte_man:20200421171806j:image

立派な竹の子をありがとう❗。

遠巻きの会話もそこそこに帰って行きました。

 

さあ、突然の出来事でしたが、竹の子を美味しく食べるには、鮮度が命。

掘りたては直ぐに調理、時間との戦いです。

深夜にもかかわらずお米を研いで、その研ぎ汁と鷹の爪で1時間かけて灰汁抜きをしましたよ(笑)。

 

明けて早朝散歩のあとは、冷蔵庫から冷やご飯を取り出して、竹の子チャーハン作りました。



f:id:mainte_man:20200421172318j:image

最初に、卵を溶いて冷やご飯と絡ませて置きます。

 


f:id:mainte_man:20200421172258j:image

冷凍していた挽き肉を塩コショウで炒める。

 


f:id:mainte_man:20200421172310j:image

深夜の下茹で竹の子を短冊状にカットして投入。

 


f:id:mainte_man:20200421172327j:image

f:id:mainte_man:20200421172341j:image

鶏ガラスープ(袋はコンソメだが)とオイスターソースで味付けしたら

 


f:id:mainte_man:20200421172358j:image

先程の卵ご飯を入れて、弱火でゆっくりパラパラになるまで炒める。

 


f:id:mainte_man:20200421172411j:image

パラパラ~。


f:id:mainte_man:20200421172419j:image
そんでもって、キムチをトッピングしていただきました。

竹の子のシャキシャキ感と卵ご飯の甘味が絶妙に旨い。

 

結果、ありがたく旬のものが美味しく食べれましたが、今度は夜中に突然来ないでね(笑)。

 

それでは、、、。