,"site":331247,"spot":986373,"type":1,"oriented":1};

mainte_man’s diary

『行き当たりばったりな生き方』を楽しむ。

ドライブレコーダー取り付けリベンジ❗

 

先日ドライブレコーダーのリアカメラを取り付けた記事をあげましたが⬇️

https://mainte-man.hatenablog.com/entry/2020/01/04/161132

 


f:id:mainte_man:20200109212705j:image

今朝、出かけようとエンジンかけたら、ドライブレコーダーがいつものように起動。

モニターに違和感を覚えて、2度見しましたら、、、

 

チーン。

 

リアカメラがフロアに寝っ転がっていました(笑)。

 


f:id:mainte_man:20200109212720j:image

リアガラスに吸盤作戦で上手く行ったと思っていたのですがね~、やはりリアヒーターの熱線をまたいでの吸着は弱かったか~。

 

それでは、作戦変更です。

 


f:id:mainte_man:20200109212754j:image
f:id:mainte_man:20200109212813j:image

実は、こういう事になることはある程度予測していたんですね~(本当かよ?)

 


f:id:mainte_man:20200109212826j:image

熱線のない左側リアガラスに吸盤を移動させてから、延長アームを繋ぎ合わせると適度な位置で収まりそうだが、、、。

 


f:id:mainte_man:20200109212834j:image

手を離すと、頭が重くてダラーん(笑)。

 


f:id:mainte_man:20200109212849j:image

閃いたのが、内装カバーの繋ぎ目の溝。

慎重にこじって浮かせたら、マスキングテープで養生したところに、ストックで持っていた適当なL金物で位置決めして。

 


f:id:mainte_man:20200109212907j:image

延長アームのジョイント部分に別の短いL金物を継ぎ足して止めて見たら、あらピッタリ(嬉)。



f:id:mainte_man:20200109212924j:image

そうと決まれば、このままでは溝の隙間とはいえ、きつきつでクリアランス取れませんので、金物の幅分をマスキングテープで位置決めして。

 


f:id:mainte_man:20200109212933j:image

カッターナイフを使って慎重に削り込み、浅い溝を彫って行きます。


f:id:mainte_man:20200109212941j:image

金物の厚さ以上にならないように、気をつけて彫ったら

 


f:id:mainte_man:20200109212950j:image

金物を差し込んだ状態で、カバーを戻します。

きつきつの状態で上手く収まりましたね。

 


f:id:mainte_man:20200109213005j:image

L金物は後で黒く塗装でもしちゃおうか?

 


f:id:mainte_man:20200109213016j:image

今度は2点支持なので、落ちることも無いでしょう。

配線もどうしても露出しちゃいますが、この方が最短距離で済みますね。

 


f:id:mainte_man:20200109213024j:image
リアゲートを開けて見えるカメラは異様な感じ。

何だか、何かの映画で出て来た機械生物にも見える~キモッ。

 

リアゲートなんて月に1回開けるかどうかなので気にしない。

 

決してスマートな取り付け方とは言えませんが、これでようやく終わりかな。

 

自己満、自己満。

 

それでは、、、。