,"site":331247,"spot":986373,"type":1,"oriented":1};

mainte_man’s diary

『行き当たりばったりな生き方』を楽しむ。

つかの間のお正月。

 

 

昨年末は(昨日ですが)大晦日までガッツリ仕事しました。

 


f:id:mainte_man:20200101092647j:image

毎年の事で当たり前とは言え、小売業で働く者としては初売りの準備が終わらないと帰れません。

 


f:id:mainte_man:20200101092704j:image

帰りの通勤電車の車内は、貸し切り状態で映画の異空間にさえ思えます。

今年も何とか除夜の鐘が鳴るまえに帰宅出来ました。

 


f:id:mainte_man:20200101092719j:image

明けて、元日。

寝正月なんて言ってられない。

いつもの時間に起きて散歩へゴー。

お墓をバックに御来光を浴びて、心も清く成りそうな気持ちのいい朝でした。

 

 

f:id:mainte_man:20200101092734j:image

f:id:mainte_man:20200101092746j:image

定番の神社へふたりで初詣。

 


f:id:mainte_man:20200101092758j:image

今年の干支は十二支のトップバッター、子の年。毎年干支の文字が彫り込まれた竹灯籠の出来栄えに感心しつつ、疲れて昨晩来れなかった事に後悔。

 


f:id:mainte_man:20200101092806j:image

海辺の小さな神社ですが、青年団のアイデアでしょうか?オリンピックイヤーにふさわしい竹灯籠にも遭遇。

 

 

f:id:mainte_man:20200101092817j:image

お参りのあとは

 


f:id:mainte_man:20200101092834j:image
f:id:mainte_man:20200101092915j:image

お潮井と言って、清められた海砂を持ち帰ります。

 


f:id:mainte_man:20200101092939j:image

アルコール拒否体質なので、お屠蘇は頂いたつもりで

 


f:id:mainte_man:20200101092945j:image

昆布とスルメだけを頬張り

 


f:id:mainte_man:20200101092954j:image

焚き火で暖を取る。

 


f:id:mainte_man:20200101093014j:image

海岸へ続く神社の裏参道を降りて

 


f:id:mainte_man:20200101093021j:image

いつもの海岸へ

 


f:id:mainte_man:20200101093030j:image

新年の海風を存分にうけて

 


f:id:mainte_man:20200101093040j:image

珈琲屠蘇で新年を祝う(笑)。

 

 


f:id:mainte_man:20200101093051j:image

あとは、おせち料理が待ってる我が家に向かいます。

 

 

 

f:id:mainte_man:20200101093056j:image
先ほど頂いたお潮井を玄関に盛って、厄除けと家内安全を願う。

 

 


f:id:mainte_man:20200101135800j:image

また、明日から仕事です。

今日はゆっくり身体を休ませて充電だな。

 

 

それでは、、、。