,"site":331247,"spot":986373,"type":1,"oriented":1};

mainte_man’s diary

『行き当たりばったりな生き方』を楽しむ。

故障と老朽の連鎖を楽しもう❗

 

8月11日(日)

 

午前中、暑くなる前に散歩と家族と過ごして、午後は自由時間。

 

 

昨日のサバゲー中に故障した電動ガンを修理したのですが、何度やっても中のギアがスムーズに回らず、モーターに負荷がかかってヒューズが飛ぶという症状。

f:id:mainte_man:20190811132552j:image

見事に切れてます❗

 

ちょっと心当たりがあるので、また後日に回します。

 

 


f:id:mainte_man:20190811132856j:image

次は、キッチンの話。

f:id:mainte_man:20190811132935j:image

『ポタポタ』

最近になって、水栓レバーを閉じても水がしっかりと止まらなくなりました。

 

先月のトイレに続いて水回りの老朽の波が止まらない様子。こちらの水栓レバーもかれこれ20年立ちますので、よく持った方です❗

 

 

あらかじめ、調べて買っておいたカートリッジの交換をしました。

f:id:mainte_man:20190811133515j:image

f:id:mainte_man:20190811133547j:image
f:id:mainte_man:20190811133603j:image

我が家の水栓レバーは〈MVM〉というメーカーのものですが、既に廃盤のものでメーカー自体も〈KVK〉に変わっていました。

しかし、国産の素晴らしいところは廃盤でもパーツが入手出来るところですよね。パーツの品番が不明でもヒントになる記号や文字をネットで検索すると、大体のものはヒットします。

 

ヒットした情報は〈FB237GK5〉シングルレバー式シャワー付混合栓というものでした。〈MVM〉から2000年に販売されていた製品との事でした。この品番をショッピングサイト内で検索するとお目当てのパーツにたどり着きました。

 

 


f:id:mainte_man:20190811134859j:image

早速交換作業に入ります。

 

 


f:id:mainte_man:20190811134908j:image

まずは、シンク下の扉を開けて覗き込むと、お湯と水の元栓がありますので、しっかり回して止水します。

 

 

 

f:id:mainte_man:20190811135103j:image

次にレバーの先端下部付近にあるプラスネジを外すと簡単に上蓋が外れます。結構カバー内が汚れていました。

 

 


f:id:mainte_man:20190811135340j:image

残ったレバー下部も簡単に外れます。こちらはもっと汚れていました❗

 

 


f:id:mainte_man:20190811135506j:image

あとは、モンキーレンチを使ってカバーを緩めていきます。(モンキーレンチは300mmまで対応するものでないと掴めません。)

 

 


f:id:mainte_man:20190811135609j:image

緩んだあとは手でカバーを回していきます。するとカートリッジにアクセスできます。

 

 


f:id:mainte_man:20190811135736j:image

f:id:mainte_man:20190811135903j:image

カートリッジは刺さっているだけなので、手で引き上げると簡単に抜けます。

 


f:id:mainte_man:20190811135932j:image

カートリッジが抜けたら、水栓本体の汚れを歯ブラシを使って清掃しましょう❗

 

 


f:id:mainte_man:20190811140055j:image
f:id:mainte_man:20190811140110j:image

これ見ちゃうと、綺麗にせずには居られません❗毎日使う飲料水ですからね~。これからは定期的にお掃除しなくては。

 

 

 


f:id:mainte_man:20190811140439j:image
f:id:mainte_man:20190811140448j:image

新品カートリッジを逆の手順でセットします。

 

 


f:id:mainte_man:20190811140546j:image
f:id:mainte_man:20190811140553j:image

f:id:mainte_man:20190811140610j:image

汚れていたレバーも洗剤と歯ブラシで輝きを取り戻す(笑)

 

 



f:id:mainte_man:20190811140621j:image

さて、止水を解除して水を流して見ましょう。

おー❗体感できるほどのスムーズなレバー操作❗。これであと20年は持ってくれる事でしょう。専門業者様にはいつも申し訳なく思いますが、コストを極力かけずにメンテナンスすることが趣味なのでお許しください(笑)

 

 

それでは、、、。

 

OHM ガラス管 ヒューズ 20A-250V 4本 (04-1698)

OHM ガラス管 ヒューズ 20A-250V 4本 (04-1698)

 

 

KVK MYM型:セラッミクカートリッジ KPS027H-C

KVK MYM型:セラッミクカートリッジ KPS027H-C