,"site":331247,"spot":986373,"type":1,"oriented":1};

mainte_man’s diary

『行き当たりばったりな生き方』を楽しむ。

梅雨明け記念❗ハーレーオイル交換。

 

7月27日(土)

 

昨日は暑さの影響か終日体調がすぐれず、グダグダな1日でした。ブログあげる気力も薄れ、気がつけば朝(笑)

 

起きて体調は悪くない感じで、確かめるべく散歩へ。

f:id:mainte_man:20190727120941j:image

帰って来るなり、

『おい❗どうした❗』

こちらのほうが、体調悪そうなくらいバテてました(笑)。

 

梅雨明けしたといっても、涼しくなったわけでは無いですが、気分的には悪い気はしませんので、延び延びになっていたオイル交換といきますか❗

 


f:id:mainte_man:20190727121446j:image
f:id:mainte_man:20190727121500j:image

まずはオイルが抜けやすいように暖機運転します。

その間に次の段取り。


f:id:mainte_man:20190727121638j:image
f:id:mainte_man:20190727121650j:image

暑いのとモスキートが大嫌いなので、これはマストアイテム(笑)


f:id:mainte_man:20190727121806j:image
f:id:mainte_man:20190727121819j:image

次にオイル受けの『コストダウンな処理袋』をこしらえます。ビニール袋二枚重ねとちぎった新聞紙でコスト削減。


f:id:mainte_man:20190727121958j:image
f:id:mainte_man:20190727122008j:image
f:id:mainte_man:20190727122019j:image真っ直ぐ立てて、スタンバイ。



f:id:mainte_man:20190727122119j:image
f:id:mainte_man:20190727122057j:imageオイルタンクのキャップは緩めておきましょう。空気を通してオイルが抜けやすいように。


f:id:mainte_man:20190727122227j:image『コストダウンな処理袋』をセット。


f:id:mainte_man:20190727122315j:imageマイナスドライバーで、クランプを緩めて、キャップを抜きます。(ハーレーはキャップで止めてるだけですので、ドレンボルトをネジ切った❗なんて悲しい目には合いませぬ。過去経験者です。)


f:id:mainte_man:20190727122411j:imageまあ、汚れてますね。『北海道ソロツーリングの旅』を走ってた後だし。

https://mainte-man.hatenablog.com/entry/2019/06/17/221205

そのあとに『ユーザー車検』も受けた訳だし、、、。

https://mainte-man.hatenablog.com/entry/2019/07/08/000637

おいおい、後先が反対じゃないの?ってツッコまれそうですが(反省)。

 

汚れオイルが抜けきるまでに、次の作業をやりましょう。


f:id:mainte_man:20190727122539j:image純正ライトの交換です。
f:id:mainte_man:20190727122612j:image

先月の車検前に付けていたLDEライトに戻します。黒とシルバーのどちらにしようか迷います。(2つもあるんかい❗Amazonで安売りしていた時期があったものでつい。)

夏場はクールでという理由で、シルバーを選択しました。


f:id:mainte_man:20190727122920j:image
f:id:mainte_man:20190727122930j:image
f:id:mainte_man:20190727122940j:image交換は至って簡単です。ライト本体は、黒いライトカバーで締め付けられているだけ。下部のネジをプラスドライバーで緩めて外します。(ネジに少々錆が浮いてます、釧路での濃霧の影響か❓)


f:id:mainte_man:20190727123214j:imageそして、ライトカバーをゆっくりねじるように外します。


f:id:mainte_man:20190727123259j:imageそうすると、ライトがポロッと外れるので、落とさないように。


f:id:mainte_man:20190727123402j:imageメインのコネクター(黄色、白、黒の一体型)とポジションランプのコネクター(オレンジコードのそれぞれ2ヶ所)を抜きましょう。


f:id:mainte_man:20190727123616j:image右が純正ライト、左がLEDライトの裏側です。LEDの方はコネクターは一本だけです。(ポジションランプは無いです。)


f:id:mainte_man:20190727123829j:image
f:id:mainte_man:20190727123836j:imageネクターをさして、ライトケースに戻します。純正のポジションランプ用のコネクター2本は使用しませんので、念のためそれぞれの端子にビニールテープで巻いて絶縁しておきます。


f:id:mainte_man:20190727124020j:image
f:id:mainte_man:20190727124030j:image
ライトカバーを取り付ける前に、先程発見した取り付けネジの錆落として、シリコングリスで防錆しておきます。この小さな食い止めが大事です。


f:id:mainte_man:20190727124350j:image

カバーを戻して、点灯確認して終了。


f:id:mainte_man:20190727135131j:image

古いオイルも完全には抜けきれませんが、再度セルを回してクランキングすると残ったオイルが出てきます。


f:id:mainte_man:20190727135110j:image
f:id:mainte_man:20190727135120j:image

古いオイルのポタポタが止まったら、ドレンキャップについた古いオイルをパーツクリーナーで洗浄して、取り付けます。

 


f:id:mainte_man:20190727135448j:image
f:id:mainte_man:20190727135455j:image今回使うオイルは、『ドラッグ』オイルです。いつもはコスパ最高の『レブテック』オイルなのですが、大人の事情なのかアメリカから入って来ない様子で、困り果てて行き着くところ、代替えオイルを〈ガッツクローム〉さんで取り扱っているらしく買って見ました。


f:id:mainte_man:20190727135902j:image
f:id:mainte_man:20190727140049j:image、、、。容器も同一なのですが、価格もほぼ同じ、ラベル貼り替えただけのように見えますが、オイルの色も一緒に見えましたが、何か疑いの香りが(笑)。

 


f:id:mainte_man:20190727140410j:image

まあ、オイルはオイルでしょうから気にせずに入れましょう。

 

最後に暖気したのちに、オイルレベル計って終了。

 

今回は2本半入れて様子見ます。(一本1クオーター約964ml)

 

普通は、試運転に行くべきところですが、、、。

暑さに負けました。

 

それでは、、、。

 

 

(STRAIGHT/ストレート) フロントホイールクランプ 調整タイプ 15-899

(STRAIGHT/ストレート) フロントホイールクランプ 調整タイプ 15-899

 

 

 

●DRAG エンジンオイル交換セット 20W50