,"site":331247,"spot":986373,"type":1,"oriented":1};

mainte_man’s diary

『行き当たりばったりな生き方』を楽しむ。

【かこのかこう】常連さんの持ち込みリペア

 

7月23日(火)

 

今日の日記をといっても、平穏無事な1日。

強いて言えば、蒸し暑かった、、、。

以上。

 

 

 

 

、、、で終わるのもアレなので、ブログを始めて過去2回程登場した、GPZ900Rのサイドカバー修理日記。

 

https://mainte-man.hatenablog.com/entry/2019/07/06/000052

 

https://mainte-man.hatenablog.com/entry/2019/07/12/215450

 

このパーツの他には、今年の2月頃に預かったアッパーカウルのリペアもやっておりまして、折角画像も消されずに残ってたので日記に残したいと思います。



f:id:mainte_man:20190723225924j:image

まず、この状態でお預かり。よーく見るとライトのフレーム下段に白い亀裂が見えるでしょうか。

 


f:id:mainte_man:20190723230135j:image

拡大するとこんな感じ。

 


f:id:mainte_man:20190723230219j:image

裏から見ると、こんな感じ。

 


f:id:mainte_man:20190723230157j:image

裏を拡大すると、パッキリ割れているのが判ります。

更に、白い小口が気になってじっくりと観察すると、パテらしきもので盛られているように見えます。

 


f:id:mainte_man:20190723230301j:image

リューターを使って、削り取ることにします。

 


f:id:mainte_man:20190723230312j:image

少しだけ削ると白いものはパテで間違いないと確信。

 


f:id:mainte_man:20190723230333j:image

ガリガリ削ると、このように元の素地が現れました。

 


f:id:mainte_man:20190723230348j:image

プラリペア〉を使って接合するので、小口にエッジをかけて行きますが、表は〈タッチアップペン〉補修程度で済ませる予定でしたので、かなり気を使ってしまい遠慮がちな加工。

 


f:id:mainte_man:20190723230356j:image

裏面は容赦なくエッジを立てて、〈プラリペア〉が浸透しやすくなるように面積を増やします。

 


f:id:mainte_man:20190723230412j:image

裏から〈プラリペア〉で固定した状態です。これくらいであれば〈タッチアップペン〉だけで誤魔化す程度で終わるハズでしたが、依頼主から預かった〈タッチアップペン〉を信用して使ったら、同じ赤でも全然違った色調で大失敗(汗)。

依頼主は割れたカウルがくっ付けばそれで良いと言いますが、

『こちらの気持ちが修まりません❗』

 


f:id:mainte_man:20190723232655j:image

左が預かった〈マツダ用トゥルーレッド〉。右がほぼ近似色で修まった〈日産用アクティブレッド2S〉です。ホームセンターでにらめっこして勘で買ってきましたら正解でした(ミラクル❗)

財布が許せば、カワサキ純正スプレーが間違いないのでしょうが、少しでもケチります。

 


f:id:mainte_man:20190723230439j:image

画像の都合で、少し飛ばしまして、大失敗した塗料を除去するべくペーパーを充てて、こうなったら本格的にパテで埋めて乾燥させて、ペーパー充てて、サフェーサー吹いて、またペーパー充ててと数回繰り返して表面を整えて行きます。

 


f:id:mainte_man:20190723230446j:image

結果、元の塗装もこれだけ削る事になります。

 


f:id:mainte_man:20190723230523j:image

まさか、ブログに使うなんて思っていませんでしたので、耐水ペーパーでの段階的な磨きやマスキングテープ貼り方は残してませんでしたので、いきなり塗装の画像です(笑)。

 


f:id:mainte_man:20190723230501j:image

そういえば、この画像は残っていました。ここは部屋の中です。季節は2月で気温も低いし、外は花粉も飛んでいましたので、ホームセンターで園芸用の温室を買ってきて、ホビー用のスプレーブースと合体させた換気システムを作りました。窓の隙間に蛇腹式の排気ダクトで室外に吐き出す方式です。窓の隙間から臭いが逆流しないように目張りもしています。(注意、家族には了解を得てやりましょう❗これだけ万全なつもりでもシンナー臭いですから。)

 


f:id:mainte_man:20190723230551j:image

そして、いきなり完成❗(笑)

思いの外境界線が目立たず、依頼主も喜んでくれました。

 

最後はコンパウンドでピカピカに磨き倒しましたが、実は調子に乗って磨きすぎてしまい下地が見えてしまい、もう一回塗り直したのでした(笑)。

 

 

f:id:mainte_man:20190723225911j:image

〈ホルツ サフェーサー〉と〈ソフト99 シリコンオフ〉はそれぞれの仕上がりを決める必需品です。

 


f:id:mainte_man:20190723230601j:image

使った塗料は〈ソフト99 日産用アクティブレッド〉の缶スプレーです。(画像はスーパーレッドです。元々家にあって、これも近かったのですが明るすぎでした。)

 


f:id:mainte_man:20190723230607j:image

我が家のメンテナンスオタクワールド、初公開(笑)

 

それでは、、、。

 

 

プロクソン(PROXXON) ミニルーターセット No.28512-SK

プロクソン(PROXXON) ミニルーターセット No.28512-SK

 

 

造形補修剤 プラリペアキット PK-16 黒

造形補修剤 プラリペアキット PK-16 黒

 

 

 

グリーンライフ(GREEN LIFE) ビニール温室2段 グリーン

グリーンライフ(GREEN LIFE) ビニール温室2段 グリーン