,"site":331247,"spot":986373,"type":1,"oriented":1};

mainte_man’s diary

『行き当たりばったりな生き方』を楽しむ。

ごふ便(ベン)をお掛けします❗

 

7月13日(土)


f:id:mainte_man:20190713200707j:image

こんばんはー、突然ですが、我が家のトイレです。

 

お食事中のかたには申し訳ない。

 

数日前から、タンクの中より

『シーーーーーー。』という音が聞こえはじめました。

これが初めてではありません。原因は薄々判っています。


f:id:mainte_man:20190713201141j:image

では、開けていきましょう。


f:id:mainte_man:20190713201209j:image

これがタンクの内部です。


f:id:mainte_man:20190713201530j:image

左側側面をアップすると、赤丸の囲み部分に何やら布状のものが貼り付いていますが、これは防水テープです。何が起こったかと言うと、PP製(ポリプロピレン製)の白く見えるパイプに小さな亀裂が入っています。

例えるならば、子供の頃にチューチュー棒を歯で小さく噛んで穴を開け、手で握ると『ピュー』と勢い良くジュースが飛び出すのを口で受けて飲んでいませんでしたか?

正にその如く、『ピュー』どころか水圧が高いので『シーーーーーー』なのです。

昨晩、応急処置でPP用の接着剤を亀裂に塗り込み、耐水、耐圧製のあるブチルゴム系のテープで保護して一旦修まりましたが、今朝になって再発した次第です(汗)。

 

何せ、このトイレも新築時からですので20年立ちました。TOTO の品番調べたら、1999年製で補修パーツは既に廃盤でしたが、新品番のものが販売されているとの事です。

 

本当は、亀裂の入った部品のみ交換すれば良いのですが、一体売りでしか販売していないようです。お金をかけずに修理を試みましたが、相手が20年選手のPP製ともなれば、得意の『プラリペア』では歯が立ちません。

半田ゴテの熱で溶かして溶着する手もありますが、水圧が高い部分ですので、まず失敗するでしょう。

ここは、業者を呼ぶよりも自分で丸ごと交換しましょう。

早速注文しましたが、何日で届くのでしょうか?

それまでは、、、、。

f:id:mainte_man:20190713205433j:image

ごふ便(ベン)をお掛けしますが、用足したあとに、いちいちマイナスドライバーで元栓の開け閉めをお願いしまーす。

 

それでは、、、。